「雨が降っても風が吹いても」 中曽根元首相、新憲法制定に意欲(産経新聞)

 超党派の国会議員らによる新憲法制定議員同盟(会長・中曽根康弘元首相)は25日、国会内で会合を開いた。中曽根元首相は「新憲法制定は戦後政治の大義の一つであり、10年、20年かかる大事業だ。現憲法の長所を生かしつつ新しい時代に即応した国民憲法をつくるため、雨が降っても風が吹いてもがんばっていきたい」と決意を語った。

 会合は、昨夏の衆院選以降開かれていなかったが、民主党議員約20人がメンバーに加わり、活動を再開。4月28日に憲政記念館で「新しい憲法を制定する推進大会」を開くことを決めた。

【関連記事】
園部元最高裁判事が衝撃告白、参政権判決「政治的配慮あった」
外国人参政権法案は違憲 理論的支柱が自説撤回
鳩山首相、女系天皇「時間をかけて国民とともに議論すべき」
合憲だが「大きな不平等」 一票の格差で最高裁判断
小沢氏擁護 鳩山首相「検察への圧力ではない」

チリ地震の津波、28日午後1時過ぎ日本へ(読売新聞)
佐川急便元係長の労災認定=過重労働が原因で自殺−新潟労基署(時事通信)
パチンコ攻略法の被害増加=業者9割所在確認できず−141社調査、「求人」方式も(時事通信)
Aiの保険収載を望む専門医が75%―救急医学会(医療介護CBニュース)
中部空港でシンガポール機トラブル、滑走路一時閉鎖(読売新聞)
[PR]
by tb6zcvc3oh | 2010-03-02 09:29
<< 石井議員のチベット発言、島根知... 高校受験の教育費、8割超が負担... >>