<第二京阪道路>高速道を地車走る?全通前の祝賀イベント(毎日新聞)

 20日の第二京阪道路(京都市伏見区−大阪府門真市間28.3キロ)の全線開通を前に、大阪府門真市の地元住民らが開通を祝うイベントが7日開かれ、高速道路上を地車(だんじり)が曳行(えいこう)される珍しい場面があった。

【写真特集】彼岸の空に「ソーリャ」 岸和田だんじり祭

 門真市で地区の秋祭りで使う地車3基が登場。沿線の門真市8自治会住民など1500人が参加し、曳(ひ)き手の勇ましい掛け声とともに、太鼓の演奏で盛り上がった。

 20日には未開通区間の枚方東インターチェンジ−門真ジャンクションの16.9キロが完成、京滋バイパスと近畿自動車道が結ばれる。京都−大阪間の移動が便利になり、国道1号の渋滞が緩和されることが期待されている。総事業費は1兆円。【山口朋辰】

【関連ニュース】
【写真特集】日本各地のさまざまな祭り
【写真特集】首都高では結婚式が行われたことも
湯かけ祭り:八ッ場ダムの地元は一面湯気 川原湯温泉
顔に墨塗りつける奇祭「すみつけ祭り」 山村に笑いがこだま

規制・制度改革分科会に「驚きを禁じえない」−日医が見解(医療介護CBニュース)
<原子力副読本>小中学生に配布 エネ庁と文科省(毎日新聞)
新茶摘み 静岡・島田のハウス茶園で始まる(毎日新聞)
国保65歳以上全員加入なら公費1・2兆円増(読売新聞)
<阿久根市長>出席拒否続く 市議会空転(毎日新聞)
[PR]
by tb6zcvc3oh | 2010-03-11 12:56
<< 謝が向井四段に2連勝 女流名人... 住職が自分の寺に放火、前日3億... >>