傷害致死容疑で父逮捕 車中男児遺体「していない」(産経新聞)

 茨城県高萩市で5月、スーパーで万引し現行犯逮捕された夫婦の乗用車から男児の遺体が見つかった事件で、県警高萩署は12日、男児に暴行を加えて死亡させたとして、傷害致死容疑で、父親の住所不定、無職、浅沼喜美被告(42)=窃盗罪などで起訴=を再逮捕した。浅沼容疑者は「子供にそんなことはしていない」と否認している。

 同署の調べによると、浅沼容疑者は今年3月ごろ、日立市内で長男の鈴木星々(きらら)ちゃん=当時7カ月=の頭を殴るなどし、くも膜下出血などの傷害を負わせ死亡させた疑いがもたれている。

 浅沼容疑者は妻の真由美被告(37)とともに5月6日、高萩市のスーパーで万引したとして窃盗の疑いで現行犯逮捕され、スーパーの駐車場に止めた車の後部座席で星々ちゃんの遺体が見つかった。

 浅沼容疑者はその後、5月24日に覚せい剤取締法違反(使用)容疑で再逮捕されていた。

<強盗致傷容疑>女性運転手のタクシー強奪、少年逮捕 広島(毎日新聞)
<国民新党>社民党公認候補3人に推薦状 参院選(毎日新聞)
振興銀事件 偽装取引を承認 取締役会、SFCGに持ち掛け(産経新聞)
国民の信頼回復にまい進=菅内閣、初閣議で基本方針(時事通信)
診療報酬詐取 山本病院理事長に2審も実刑(産経新聞)
[PR]
by tb6zcvc3oh | 2010-06-16 11:43
線路脇に三脚、「撮り鉄」異例の... >>