京大病院患者から高濃度インスリン 殺人未遂などで捜査(産経新聞)

 京都大学付属病院(京都市左京区)で昨年11月、入院患者の90代の女性の容体が一時急変して意識不明となり、血液から投与された記録のない高濃度のインスリンが検出されていたことが1日、分かった。事件の可能性もあり、京大病院は原因を調査するとともに、川端署に届け出た。川端署は業務上過失致傷や殺人未遂などの容疑で調べている。

 同署などによると、女性は京大病院の循環器内科に入院中、血糖値が急激に下がる発作を起こし意識不明の重体となった。京大病院が血液検査などで調べた結果、血液から血糖値を下げるインスリンが高濃度で検出されたという。

大量のタチウオが入った漁網漂流…瀬戸内海(読売新聞)
鳥取連続不審死 県警、殺害当日に上田美由紀容疑者を尾行(産経新聞)
大学山岳部の「冬訓練」再開へ…国立登山研修所(読売新聞)
【金曜討論】外国人参政権 北脇保之氏、亀井静香氏(産経新聞)
「らき☆すた」より面白い!?桃太郎“裏・聖地巡礼”(産経新聞)
[PR]
by tb6zcvc3oh | 2010-02-01 16:59
<< 「現場任せ」が遠因=高松塚壁画... 新型ワクチン余剰分、「解約交渉... >>