<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

口蹄疫 スーパー種牛を殺処分 全国ブランドに衝撃(毎日新聞)

 宮崎県で口蹄疫(こうていえき)が多発している問題で、農林水産省と県は22日、国の特例措置で同県西都市に避難していた「宮崎牛」のエース級種牛6頭のうち、最も精子供給量の多い「スーパー種牛」の「忠富士」が感染している疑いが強いと発表した。忠富士は同日、殺処分され、埋却された。他の5頭は経過観察措置とされた。宮崎牛を支えてきた優良種牛にまで感染が及んだことは、宮崎県のみならず全国の関係者に衝撃を与えている。

 6頭は県家畜改良事業団(同県高鍋町)が人工授精用に生産する冷凍精液の主力牛で、13日に同事業団から約20キロ離れた西都市の簡易牛舎に移された。牛舎は2メートル四方の部屋が七つあり、高さ3メートルの木板で仕切られている。神経質だった忠富士は、残りの5頭とは1部屋を置き、一番北側の部屋にいた。1頭に1人ずつ世話人が付き、観察を続けていたという。避難2日後の15日に同事業団で感染が確認されており、忠富士は避難前に感染した可能性が高い。

 全国の関係者が心配しているのは、もし残る5頭で感染が確認された場合、同県からの良質な子牛の供給が滞り、国産牛肉の生産基盤自体を揺るがす可能性があるためだ。

 宮崎県は肉用子牛の生産県。農林水産省の統計によると、07年8月〜08年7月に宮崎県内で生まれた肉用牛の数は繁殖用雌牛を含め約8万6500頭と、鹿児島県の10万300頭に次ぐ規模だ。

 宮崎産の子牛は、生育の早さと肉質の良さで評価が高い。宮崎県によると、09年度に県内で出荷された子牛7万7707頭のうち、「佐賀牛」で知られる佐賀県には3177頭、松阪牛の産地を抱える三重県に2604頭など、多くのブランド和牛産地に供給された。松阪牛の場合は4割を宮崎生まれが占めている。

 宮崎の種牛から採取された精液は県内の繁殖農家だけに提供されている。県によると、農家の需要を満たすにはストロー(管状の容器)の数で年間15万〜20万本が必要。優秀な種牛からは年に3万5000本程度の精液が採取できるため、残る5頭が無事なら量は確保できる計算だ。冷凍保存されている精液も約15万本あり、直ちに供給不足に陥ることはない。

 しかし、他の5頭に感染が広がれば話は別だ。冷凍精液のストックは1年程度で尽き、新たな種牛を開発するには数年程度かかる。ブランド肉の産地は鹿児島や北海道の子牛への切り替えを余儀なくされ、品質の高さで輸入肉と差別化してきた日本の畜産全体が地盤沈下する恐れもある。

 高島俊一・宮崎県農政水産部長は会見で「県畜産界のエースを失った。大変申し訳ない」と陳謝。同部の押川延夫次長は残る5頭の感染について「厳しいとは思う」と表情を曇らせた。また、同県西都市の黒木輝也さん(63)は肥育する約200頭の6割が「忠富士」の遺伝子を引き継ぐ。自身の牛舎でも感染が確認され、殺処分した牛の埋却作業に追われており、「今度は種牛までやられてしまった。もう宮崎の畜産はお先真っ暗だ」と声を荒らげた。

【関連ニュース】
口蹄疫:殺処分対象の種牛49頭延命を要望へ 東国原知事
口蹄疫:日本相撲協会が宮崎県に500万円
口蹄疫:「スピード感が大事」鳩山首相、赤松農相らに指示
口蹄疫:新たに5市町9農家で疑い 宮崎
口蹄疫:ワクチンの接種開始 家畜15万頭を対象に

首相「辺野古」表明、沖縄と社民は強く反発(読売新聞)
<高額療養費制度>改善を…厚労相に要望書提出(毎日新聞)
覚醒剤密輸「中国で断った…助けてください」(産経新聞)
自然保護 動物の着ぐるみ姿でパレード 大阪(毎日新聞)
沿道住民らへの賠償命じる=差し止め請求は棄却―国道工事訴訟・広島地裁(時事通信)
[PR]
by tb6zcvc3oh | 2010-05-28 12:07

名神で男性はねられ重傷 事故起こし車外歩行中(産経新聞)

 10日午前0時20分ごろ、京都府大山崎町大山崎の名神高速下り線右ルートの天王山トンネル内で、乗用車の自損事故を起こして車外に出ていた大阪府摂津市東別府の男性会社員(53)が、大型トラックにはねられた。男性は腰を打撲するなど重傷。京都府警高速隊は自動車運転過失傷害容疑で、トラックを運転していた長野県飯田市育良町の運転手、仲村学容疑者(43)を現行犯逮捕した。

 府警によると、男性はトンネルに入る直前、ガードレールなどにぶつかってトンネル内で停車し、走行車線上を歩いていたという。仲村容疑者は「(男性が)突然出てきた。ブレーキを踏んだが間に合わなかった」などと供述しているという。

【関連記事】
パンク修理の3人はねられ死亡 甲府の中央道
人がいるとは気付かず バックの車にはねられ女性死亡 滋賀
車ぶつけ、殴って、女子大生から19万円入りバッグ奪う
夫、刺され重傷「別れ話で…」 妻は車に飛び込み重体
自転車でひったくり、直後に衝突事故 10代少年と少女を逮捕
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<国家公務員>新規採用 キャリア2割減 地方機関は8割減(毎日新聞)
<南部アフリカ開発共同体>観光促進で国内業者らと意見交換(毎日新聞)
石破氏、普天間移設「自民も独自案を検討」(産経新聞)
ゴッホ ポロシャツで自画像 東京・丸ビル(毎日新聞)
「5月末決着」に先送り論、平野更迭論…参院選に向けた思惑も 首相自ら退路絶つ(産経新聞)
[PR]
by tb6zcvc3oh | 2010-05-12 13:35